スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 AHO☆スター!

先週はベリー三昧でした
AHO☆スターことアギーさま渾身の公演「ルネッサンス・マン」
曲・衣装・振付全て練ってここまで持っていくことがスゴイ
2日間満員ということが、いかにこのキャラクターが愛されているかを示してますね

いつぞやのハフラでご一緒した「zaki ya zaki」が更にパワー増しで再登場
生き生きと踊るマハさんとスターの呼吸もぴったりでした
このままスター街道を突き進んでほしいです

アギーさん http://www.k5.dion.ne.jp/~aggie/

そしてフランスの若手(って本当に若かった)ダンサーYael ZarcaのWS
確かなエジプシャンの知識と技と、独自の味付けニュアンスで
とても素敵で楽しい振付のセンスを持っています
私は彼女の振付とても好きになりました
何というか身体にすっと馴染みます

1日目「Helwa Laabadi」おなじみエジプシャン
実は恋愛駆け引きについてちょっと皮肉った感じもある曲だと初めて知りました
単なるノリノリの「ヘルワヘルワヘルワ~!」ではなかった

3日目「Gana el Howa」おなじみAbdel Halim Hafezの名曲
とても流れるような優雅な振付、だけどすごく腹力腰力を使いました
曲を動きで表現するときのコツは楽器をよく聞き取る事…と教わる

夜帰宅してYaelのCDを聞いていると「Ana Fi Intizarak」が流れてきて
なんとなく涙が浮かんできました
そこでたまたまエジプト人の友達とつながったので、チャットでいろいろ話し、
そんなアラブの名曲たちを自分の踊りで表現できる日が来るのかどうか
まだまだ至らないと思うというと、
「絶対に、必ずできるわ!自分を信じて!」と励まされました

彼女はお父さんがパレスチナ人、お母さんがエジプト人
数ヶ月前から外国で映画の勉強をしていますが生粋のカイロっ子です
とてもパワフルでバイタリティーに溢れている反面、繊細で傷付く事も多い
今カイロという街からはなれてみて、カイロがやっと見えてきたと言います

実をいうとAbdel halim Hafezなどは、彼女たちのお母さんの世代のもので
彼女たち世代では「昔からの名曲」という感覚が強いみたいです
彼女はこういった曲を自分で歌ったり踊ったりしたことはないけど
お母さんがよく口ずさみながら踊っていたと言っていました

↑ぜったい凄く素敵だと思う!見せてもらいたい~

そんな時にエジプトの生活と音楽、踊りがどんなに結びついているか
感じられて嬉しくなります

Abdel Halim Hafez”Gana el Howa"
半分以上前奏です
楽しそうに指揮する姿が印象的です



スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。