スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 4匹目の猫

4匹目の猫‥、が我が家に仲間入りしております。

3匹のおはぎのノラ猫お母さんです。
お母さん猫(カタメ、とかメツブレ、とか呼んでいました)は3匹
を産んだ後避妊をして外に戻してからも、
姿を見せればご飯をあげていました。

だけどこの冬、見るたびボロボロになっていく姿を見ていて
どうにも気になって‥
捕獲のチャンスとなるような奇跡の瞬間が訪れるのを待っていました。

そして奇跡の捕獲。
すぐに病院に連れていきました。

ノラ猫も診てくれるとネットで知った近くの病院。

「ああ~、この子相当やられてますね。。からだがボコボコです」
たしかについ最近も、肩に大きな咬み傷をつけていたけど‥
「これは猫疥癬ですね、1か月隔離です」
「このままだと体中剥げて、この冬の寒さを越せないでしょう」
人にも、猫にもうつる皮膚病でした。
大島弓子さんの漫画にも、疥癬の子猫の治療の話があったっけ‥

しかも母さん、猫エイズキャリアでした。

1週間後には私は単身者用のアパートに引っ越しが迫っている。。
実家の売却もあって毎日いっぱいいっぱい。

どうするんだ?!自分?!
ですけどほっとけない

とにかく引っ越しまでは隔離のための部屋はあるから何とかなる。
引っ越し後はケージを買って、レジャーシートで囲って、何とか隔離っぽく。
心配していた鳴き声や、おはぎたちのストレスも、何とか何とか。

↓わかりにくいですが、カサブタで顔が膨れ上がっています
片目どころか、両目がふさがってしまってます

↓捕獲から1か月が経ち、見た目はもうすっかりキレイ
よく食べ(‥過ぎ)るので少しふっくらしてきました。
相変わらずフーフーグルグル言ってますが


あまり先のことは考えずに、まずは疥癬だけは治そうと
1か月が経ちました。
治ったら外に戻すのか、それとも飼い猫として迎え入れるのか‥
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。