スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ショーやらWSやら



日々の合間に、WSやショーなどに行ったり参加したりしていました

写真左上 Nesma WS Fakkarouniの振付、Nesma節のウンムクルスーム、素敵です。
私はまだまだNesma節摑めていません、復習しなきゃ。

写真右上・中央 アホ蓮show@Zaghareet蒲田
元祖!本家!と言いたいベリー界老舗のお笑い⁉︎グループ
安定の面白さでした‥余韻がすごい

写真下 エジプト人若手ダンサー Khalil KhalilさんのWSとショー
噂通り、教え方がとても上手(若いのに!)、
周りの人はユニークな教え方だと言っていたけど
私には至極真っ当な教え方と思えました
だって立ち方から姿勢、基礎ムーブメントの要素と進むのは
ダンスにおいて当たり前すぎる流れです
何故かオリエンタルダンスではいきなり雰囲気から始まったり(ゆらゆらしたり、くねくねしたり)
準備のないアイソレーションから始まったりするクラスを見かけるんですが‥
そればっかりではダンスのための身体がいつまでたっても作れませんよね…

ボヤキみたいですね‥ スイマセン

ハリル氏、若いのに親御さんが外交官のようで外国経験が豊富みたいで、
オリエンタルダンスに対する研究姿勢はそんな背景も関係してるのかな?

すっかり「王子」って呼ばれ始めていましたが、
ショーでの屈託のない笑顔は女性の母性本能を確実にくすぐります。

Khalilショーでは日本人勢もとても素敵だった!
Daliaさん、Yumiさん、Yoshieさん、Ayaさん、Salmaさん‥みんなもっと見たかった

それはそうとハリル王子、これからも大注目のダンサーです

スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。