スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 相模原のとら猫さん手術終えて

迷子猫のとら猫さん、あれから病院の先生による再検査で
尿管ではなく尿道が切れているらしいことがわかり、その病院での手術が可能になりました。とら猫さんは日本猫には珍しくB型の血液型で、病院に血液のストックが無かったため、過去に病院を訪れたB型の猫たちの中からの輸血を待ち、手術となりました。

手術では、長さが足りなかったため尿道を泌尿器につなぐことができず
足のつけ根、1番下の乳首のあたりに尿を出す穴をつくったそうです。

こちら今日の猫さん。自力でご飯を食べたそうです!
自分の力でご飯を食べるというのは、何よりの生きる兆しのように思えますね



援助のお申し出をいただいた方には心からの感謝を申し上げます‥
お心を添えて下さって、有難うございます

とら猫さんガンバレ!!!
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。