パリの舞姫Kamelliaさん

昨夜はパリの舞姫Kamelliaさんショー@大倉山記念館に行ってきました。
最今なんだか無性にKamelliaさんの踊りを見たかったので、
急遽ショーに行けることになって嬉しかった!

Kamelliaさんを知らない方のために少しご紹介しておくと、
Kamelliaさんは韓国系のご家族のもと日本で育った方で、現在はパリを拠点に活躍されています。
70年代に海外に渡り、オリエンタルダンスに出会い
エジプトを初めとする中東各国でダンサーとして活躍されました。
その波乱に満ちた人生や、信念を持ちながらしなやかに踊る姿が強い印象を与える人です。

Kamellia.jpg
Photo by Junho Nam

私は2000年にイスラエルにいた頃、イスラエルのテレビで初めてKamelliaさんを知りました。
イスラエルからの帰国の途中、パリで1度だけレッスンを受けさせてもらったのを覚えています。
ご縁をいただき2003・2004年と東京でのショーにご一緒させていただきました。
(ひえ~もう10年も経つんだ…)
Kamelliaさんの日本滞在中数週間で振付を1から仕上げる大変な日々だったから
当時はいっぱいいっぱいでしたが、とても貴重な経験をさせていただいたのだと思います。

ここ数年は日程も合わずなかなかショーを見に行くこともできずにいましたが…
やっと。
そしてこの大倉山記念館という、私がベリーダンスに初めて出会った場所で叶いました


大倉山記念館!

数年ぶりに見るKamelliaさん、変わらない。全然。
強靭なしなやかさ、迸る情熱、指や髪の先まで行きわたる流れるような動き。
1年間聴き込んで踊ったOum Kalthoum(エジプトの国民的歌手)の大曲、「Al Atlal(廃墟)」
1曲が何十分にも及ぶアラブ歌謡を全編踊る人…踊れる人はそういません。
構成や衣装も全て彼女のアイデア。
オリエンタルダンサーとして、芸術家として、ただ敬服します。

彩ったBarbie Makoさん、MAHAさん、Karimさん、Reikoさん、Noelちゃん、Saliちゃん、Aidaちゃんも
記念館のクラシカルな雰囲気によく合った踊りで魅了してくれました。
まさに古き良き時代のベリーダンスが、甦ったみたい

Kamelliaさんについてのドキュメンタリー映画が製作されています

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment