紋次郎の膵炎 その12

全く食べられなくなって10日以上、
水分補給すらなくなって4日、
昨日おとといヨダレと泡を口から垂らしながら眠れずにウロウロ場所を移しながらうずくまっていた紋次郎。

今朝はヨダレや泡が少し黄味をおびましたが、乾いてきて落ち着きました。
朝に更にまっ黄色なおしっこをしました。
膵炎から黄疸が起こると、やがて黄疸が身体中に飛び散って多臓器不全に陥ると聞いています。
紋次郎、もうボロボロなんじゃないか…
だけど本当に紋次郎の表情ははっきりしてとても気丈なんです。
よろよろと自分の足で歩きます。


ずいぶん痩せてしまいました…


母の膝の上で

今日は一日つきっきり。
少し買い物に出たときに近くの園芸店に寄って花を見ていたら、全身の力がフゥッと抜けました。
やっぱり気を張ってるのですね…。



猫でも人間でも、介護や看護をする側も病んでしまわないように工夫しなければいけないですね。

今日も紋次郎との一日をありがとう。
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment