スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 GW半ば…ShahdanaWS&Show

GW半分、今日は振り返る日にしました。
前半ではアルゼンチンの人気ダンサー「Shahdana」のWSを受けてきました。
今や世界を席巻??する勢いのアルゼンチン勢、百聞は一見に…です。
受けられたのはTango Oriental?とShaabi

★Tangoは、160分のWS中口をあんぐり開けっ放しなくらい驚きました。
オリエンタルといってもTwistやHip Circleが入るくらいでほとんどTango?
と思えたくらい新しいStepばかり。
音楽も初めて踊る、Tangoの曲。ビートがピアノの鍵盤から繰り出されるなんて…
本当にカルチャーショック?というか、ボーゼンぽかり、という感じ。

だけど楽しかった!!!別世界感が味わえました。
できなかったけど…

こういったFusionスタイルに賛否両論あるのはよくわかります。
やはり本物Tango、本物Orientalの持つ魅力にはなかなか至らない。

けれどShahdanaのように、自国の文化としてしっかり理解した上で
自由な感性で踊りを創りあげるのは、素晴らしいな!!と思いました。

★Shaabiの方は、「Zaki ya Zaki」という曲で、以前Osama Emamの
振付で踊ったことがある曲でした。
Zakiさんという人を「ザキ、ザキ、どこにいるのお??!」と探す曲だった
と思いますが、Asmahanなどもよく踊っていましたっけ。

Shahdanaの手にかかると、元気いっぱいCuteな振りに。
ず~っと飛んだり跳ねたりしているように思えたのは、気のせいなのか。
2時間半と思えないくらいによく動いたWSでした

shahdana_convert_20120501233142.jpg

★日曜日はかのKhaled Seif先生のクラシック振付WS
純Egyptianな動きに癒されたい…と思っていたのに、のっけから
有酸素なStepワークで汗ダラダラ。5時間のWSで2本のぺットボトル。
やはり男性の先生はスタミナあります

とても素敵な振付だけでなく、いろいろな気付きをいただきました。

月曜日は再びKhaled先生のインテンシブ、お題はムワシャハット。
100年以上前の実際のムワシャハットの踊られる映像やガワジーの映像
といった貴重な資料を見せてくれました。

まだまだ力及ばないですが、ムワシャハットは大好きです。
特にMahmoud Reda氏がエジプトに紹介したスタイルは、華麗で上品
憧れてしまいます

…と、GW前半振り返ってみましたが、明日は通常通りレッスンです。
後半にはWS、ショーの裏方、自分のWSがあります。がんばります

皆さまも素敵な連休をお過ごし下さい

写真は花伝舎の鯉のぼり☆
koinobori_convert_20120503004816.jpg

スポンサーサイト

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/03 (Thu) 03:10 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。