森と水のアイヌ式結婚式

先週末、9/26-27にかけて日光霧降高原に行ってきました。

イスラエル・キブツ仲間のNarveちゃんからの
「日光でアイヌ式の結婚式をする写真家さんがおるらしいでー、
誰でも参加できるらしいから、いかへん?」とのお誘いにほいっと乗らせてもらいまして。

日光なんて小学校の林間学校以来で、最近あまり遠出もしていなかったので
わくわくボルテージはかなり上がってしまいました
待ち合わせにやってきた元旅人そしてお医者さんのタマゴというM君・Narveちゃんと
浅草より東武伊勢崎線に乗り込み日光駅へ。

駅には個性的な格好の方が「アイヌ結婚式」の看板を持って立っていてくれて、
みんなで乗り合いタクシーに乗り込みました。

着いたらさっそく、アイヌ結婚式があたたかく、そしておごそかに始まりました。
列席者は竹でできたアーチをくぐって、香の煙やディジリドゥの音に迎えられ丘の上に待つ
アイヌのシャーマン「アシリレラ」さん等の前に座っていきました。

Ainu+001_convert_20091003012829.jpg
Ainu+005_convert_20091003013044.jpg

新郎・新婦のDAIさん、Emikaさんがアイヌの装束でやって来て、ひとつひとつ儀式を進めます。

ぎゅうぎゅうに詰まったすごい量のご飯を2人で食べ終えたその瞬簡に、
すうっと日差しが強く差し込んで、それが神からの許しのしるしだとアシリレラさんが言いました。
それからアイヌの弓の舞や歌、太鼓の演奏があってみんなにもお餅やご飯、お酒が振舞われました。
とてもとてもあたたかい式でした。

それからAKIRAさんとDAIさんによる歌とセルフ・ストーリーがあり、元ちょこっとバックパッカーだった私は、日本や日本社会に対する葛藤があったDAIさんの話を自分の事のように聞きました。

夕方から、今日始めて会った人たちとバーベキューをしましたが、参加人数が300人近くにのぼっていたようで、かなりの圧巻な人数&食べっぷり
DAIさん・Emikaさんの、今日のこの日を沢山の人々を繋げる日にしたいというのがよく伝わってきます。

Ainu+013_convert_20091003014107.jpg

夜はキャンプファイヤー
炎の周りに200人以上の輪。
Izumizumさんの奉納の舞、響くディジリドゥ、そしてバーバラさんによるベリーダンスで輪は一気に踊りの渦へ~
このバーバラさんは、偶然な事に先週ほんのわずか言葉を交わして出会ってる方で
不思議なめぐり合わせに驚きました。他にもベリーダンスの顔見知り、Yちゃんとばったり会いました。
世の中狭いなあ。
というかベリーダンス好きってのは引き寄せられる方向が似てるんでしょうか

それからも即興で楽器のセッションがありました。
かっこよかった!

session_convert_20091003014238.jpg

夜はしばらくぶりのゼンソクさんに悩まされて・・

2日目、前夜あれだけ騒いで、7時40分にはみんな火の回りに集まって
アースダンス!で土を踏み鳴らして踊りました。
朝もやの冷たく澄んだ空気の下、まだまだ熱い大地の上、気持ちよかった!
何やらこれは世界中一斉にやっているイベントらしかったです。

それからヨガをして身体中に高原の気を満たして、日頃溜め込んだコリや疲れや情けなーい考えが
パリパリと音をたてて剥げ落ちていく感覚でした。

朝ごはんはサンドイッチ。ちょっと外したうちに具はほとんど消え去り、何とかゲットしたチーズとレタスをはさんで食べました。でもとっても美味しかった。
元バックパッカーのI君に、伊勢原市にある大山について話を聞く。
いつか行ってみたいなあ。
この日は1日霧雨で、すこし肌寒いながら幻想的な感じをつくっていました。

かれこれ火の周りで暖をとっている時に知り合った、千葉白浜で大豆農場をしているS君とIT企業を率いているF君が同室のみんなを駅まで送る車に同乗させてもらうことになって
そのまま日光東照宮へ。
霧に包まれた東照宮はもう言葉を失うほど神秘的。
魂をわしづかまれてぴゅーっと息を吹きかけられたような。

toshoki_convert_20091003014444.jpg

そして結婚式最終ステージである幾何学堂へ。
とっても趣きある建物は人でいっぱい、みんな2人の結婚を最後まで見届けようという人たち。
ここに来るまで全く知らなかった人たち。でも今はちがう。
DAIさんの写真のスライドショーが行われて、私たちはそろそろ帰途につくことに。

手作りの、アイヌ模様の刺繍の入ったティッシュケースを引き出物に頂きました。

帰る前、S君F君のおかげで温泉にも少し立ち寄って、旅の疲れもすっかり取れました。
自然の与えてくれる瑞々しい空気と
人の与えてくれるあたたかい思いと、出会いと
そんなことを感じた、2日間でした。

誘ってくれたNarveちゃん、M君、ありがとう

DAIさんHP
http://www.watarigarasu.org/top.html
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment