Category: 鎖肛のキジちゃん

 ニコ君のアレルギー

今更ですが黒猫兄さん、ニコ君、と名前を付けさせてもらいました。兄さん→にーくん→にーに→ニコ君、といったような呼びかけの変遷に伴いまして、めでたく⁈命名致しました。そんなニコ君の後ろ脚もも裏に5cmくらいの長いカサブタを見つけたのは半年前。本猫は全く気にしておらず、そのうち治るかと思っていたら、5月くらいから少しひどくなって7cmにわたり湿疹カサブタが広がりはじめました。近くの病院ではノミダニカビではないと...

 子猫の季節

友達の妹さんが保護した野良猫さんには、お腹に赤ちゃんがいました!産まれたのは7匹、みんな集まるとまるでツムツムみたいε-(´∀`; )自分も1年前はミルクに排せつに額に汗して励んだなあ~と思い出すことしきり。その時はもう健康に育てることに必死で、子猫の可愛さをめでる余裕はなかったかも‥新米ママのミケ子もガンバれ!...

 おはぎは満1歳

遡ること3/25のことですが‥おはぎ3匹は満1歳を迎えました名実ともに、子猫卒業!。。しなきゃね。。保護した頃には育てることで手いっぱい、、でもこの1年何とかやってこれました。そしてこの日は先輩ネコ紋次郎の命日でもありました紋次郎のことを思わない日は相変わらずないんだけど、おはぎのおかげでだいぶ家にはだいぶ笑顔が増えました鎖肛だったキジちゃんも、元気に成長して、だいぶユニークなキャラ全開です写真左上: 紋次...

 2014年大晦日のキジちゃん

そして私の仕事がひと段落したとたんに、鎖肛のキジちゃんが下痢になりました。お尻の穴が開きっぱなしのキジちゃんはそれが垂れ流れてしまいます。自分で舐めたり、床やじゅうたんにこすったりするのでお尻が腫れ上がってしまいました。病院に連れていき、下痢止めとエリザベスカラーをもらってきました。鎖肛だった猫は、下痢と便秘を繰り返してしまうと読んだことがあります。キジちゃんにもいつかこんなことがあろうことは、予...